環境設定ファイル:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


環境設定ファイル

環境設定ファイルはJWキャドを操作する上で非常に重要なファイルです。

環境設定ファイルはツールバーの「設定」の中に「環境設定ファイル」として存在します。(下記参照)

そこから「読み込み」「書き出し」「編集」などが行なえ、実際の操作はメモ帳で行ないます。この環境設定ファイルも初期段階では必要最小限の設定しか行なっていませんので、自分なりの操作方法を確立するには少々複雑でも環境設定ファイルの設定に慣れておかなくてはいけません。

JWキャドを自分の使いやすいようにカスタマイズしたり、環境を共有する際にはこの環境設定ファイルを共有するということなのです。

この環境設定ファイルで設定を行なわなくても起動後各種設定を行なうことは可能ですが、その設定はJWキャドには保存されませんので、次に起動した際にはまた一から設定を行なわなくてはいけません。他のキャドでは一度設定した内容をプログラムに保存することが可能ですが、JWキャドではそのプログラムを先に設定するという違いです。

先に設定を行なわず毎回起動時に設定を行なっているのでは、作業に時間がかかるばかりですので、その設定を保存させておきましょう。

この環境設定ファイルを共有するという考えは他のキャドには無いものですし、プログラムを直接設定しますのでなかなか馴染みが薄く、環境設定ファイルの設定は苦手とする人も多く居ます。しかし、JWキャドを仕事として使用するには必要不可欠な作業ですので、時間をとってしっかりと設定するように心がけましょう。

カテゴリー:環境設定ファイル

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



環境設定ファイル:関連記事

編集
環境設定ファイルを自分で編集するには、まずは書き換え可能なメモ帳やワードパッドなどで環境設定ファイ...

構成
環境設定ファイルの構成は一見複雑なように思いますが、一つ一つ見ていくと決して複雑な物ではありません...

読み込み
編集した環境設定ファイルを使用するにはファイルを読み込ませましょう。 ファイル名は編集後違う名前で...