印刷:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


印刷

JWキャドで作成した図面を印刷するには、プリンターの設定と用紙の設定から行いましょう。印刷画面では赤い範囲が印刷可能範囲ですので、余白や図面の大きさなどを考えその中に図枠を収めるようにしましょう。

印刷範囲の設定では印刷画面内で右クリックしますと印刷可能範囲の変更が行えます。

この際にもスナップを使用することが可能ですので、印刷範囲を変更する場合は移動させる場所へ点コマンドなどで記しをつけておくと正確な移動を行うことが出来ます。

初期の状態では移動の起点は左下にありますが、この点は上、中、下、左、中、右と9種類の点を コントロールバーの「基準点」で設定することが出来ます。表示されているのは「下・左」という現在の状態ですのでそのボックスをクリックして切り替えましょう。

また、印刷可能範囲は、図面中に描きこむ事が出来ますので、図枠を決める際にはこの機能を使用すると印刷可能範囲を図枠が出てしまうことは無いでしょう。

図面上に描き込んだ印刷可能範囲は、補助線などに属性を変更しておくと、印刷画面で、範囲を設定るす際にも便利です。 印刷画面可能範囲の移動は、作業中の用紙サイズとは違いますので注意が必要ですが、逆に用紙サイズを超えて 作図していても印刷の際に範囲を指定するだけで可能ですので、用紙サイズにとらわれて作図をする必要はありません。

印刷範囲が確定したら、範囲内でクリックするか、「Enter」を行うだけで印刷が可能です。 パソコンの画面で見た図面と、違って見えますので、例えデータでの納品だったとしても、ミスの確認や線種の確認などは印刷した図面でしっかりと確認しましょう。

カテゴリー:JWキャドの業務

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



印刷:関連記事

ファイル変換
他社からCADデータをもらい業務を行う場合には、使用CADによってファイルの形式が違う場合がありま...

プレゼンテーション
JWキャドでは図面の作成だけでなく、使用方法によってはプレゼンテーションの資料を作成することも可能...

他のCADとの互換性
JWキャドではJWキャドのシステムを公開していますので、他のCADソフトでJWキャドとの互換性を備...

ファイル管理
JWキャドだけでなく、CAD全般で言えることですが、図面作成を円滑するためには効果的なファイル管理...