プレゼンテーション:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


プレゼンテーション

JWキャドでは図面の作成だけでなく、使用方法によってはプレゼンテーションの資料を作成することも可能です。

作成した図面に色をつけたり、影をつけて立体的に表示したり、写真を配置したりとプレゼンテーションに必要な機能は揃っています。

しかし、特別なコマンドがあるわけではなりませんので、JWキャドの機能を駆使して操作を行うのです。 プレゼンテーションへの活用のアイデアはJWキャドの操作に慣れて自由に操作できるようになれば自然と沸いてくるでしょう。

JWキャドでプレゼンテーションを行う場合に用にJWキャドには元々役に立つ家具や植栽、人などの図形も登録しております。 もっと状況に応じた物が欲しいという場合は、インターネット上に個人で作成した図形を無料でダウンロードをさせてくれるサイトも 多く存在しますし、このようなCADデータのデータバンクは非常に人気がありますので一度検索してみるとよいでしょう。

その中でも思うような物が無いのであれば、ここでもJWキャドの機能を駆使して、参考資料などを基に 自分で図形を制作してみてはいかがでしょうか?

外部変形のように複雑な物ではなく、図形はJWキャドの操作が出来れば誰でも行うことが出来ることですので、 オリジナリティーあふれるプレゼンテーションにしようと思う場合には図形作成を行ってもよいでしょう。

図形を着色した場合は、画面上で見る色と印刷したときの色に少し差が出ますので、 印刷したらどれほどの色合いになるのかということを確認しながら作業を行うことをおすすめします。

カテゴリー:JWキャドの業務

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



プレゼンテーション:関連記事

印刷
JWキャドで作成した図面を印刷するには、プリンターの設定と用紙の設定から行いましょう。印刷画面では...

ファイル変換
他社からCADデータをもらい業務を行う場合には、使用CADによってファイルの形式が違う場合がありま...

他のCADとの互換性
JWキャドではJWキャドのシステムを公開していますので、他のCADソフトでJWキャドとの互換性を備...

ファイル管理
JWキャドだけでなく、CAD全般で言えることですが、図面作成を円滑するためには効果的なファイル管理...