用紙設定:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


用紙設定

JWキャドは書き込む前に縮尺を設定しますので、出力時にどの大きさの用紙を利用するかはあらかじめ決めておきましょう。

用紙の大きさは、画面にピンク色の点線で表示(下図参照)されていますが、これはあくまで用紙の目安です。

この枠は1/1サイズでどのレイヤーにも属していませんので、縮尺を変えても大きさはそのままです。 動かすことは出来ませんが、印刷の際には現れません。

印刷時には、印刷範囲が指定できますので必ずしもこの範囲の中に描かなくてはいけないことはありませんが、 図面のレイアウトや縮尺を考える際の目安としては非常に有効です。

設定はツールバーの「設定」から「用紙サイズ」で行なえ、この範囲を目安に図枠などを制作すると良いでしょう。縮尺は環境設定ファイルでレイヤーごとに決めておくことも出来ますが、ツールバーの「設定」から「縮尺・読み取り」(下図)で設定することも出来ますので、図面を描いた後でも、用紙サイズに合わせることが可能です。

その場合気をつけなくてはいけないことは、文字の大きさを同時に変えることです。文字の大きさをそのままにしていると図面とずれて表示されてしまします。

縮尺の設定ウインドウには「文字サイズの変更ボックス」がありますので、下図のようにチェックを入れておくと、図形に合った大きさのまま文字も縮尺できます。

CAD上で用紙を設定する上に、決められた図枠などは常時変更できないようにロックをかけて表示しておくと、図面のレイアウトがスムーズに行なえるでしょう。

カテゴリー:JWキャド゙の設定

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



用紙設定:関連記事

色設定
JWキャドの色の設定は「赤」「緑」「青」の三色の組み合わせの割合によって決めることが出来ます。 色...

バックアップファイル
JWキャドでは設定によって自動的にバックアップファイルを作成できます。 バックアップファイルはその...

ショートカット
ショートカットキーを作業に取り入れることは、効率的な作業を行なううえで必要不可欠です。 JWキャド...

線種設定
図面を作図する際には線の太さ、種類、また描く際の線色などを決めなくてはいけません。 線の太さや、種...

寸法設定
CADで図面を書く際の便利な点として寸法の記入があげられますが、使用前に設定しておくことが必要です...

レイヤー設定
JWキャドには16のグループとそれぞれの中に16のレイヤーが存在します。このグループとレイヤーの使...

基本設定
JWキャドの初期設定は必要最低限の設定でしかありませんので、作業を行なううえで必要な設定は自ら競っ...