線種設定:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


線種設定

図面を作図する際には線の太さ、種類、また描く際の線色などを決めなくてはいけません。

線の太さや、種類には図面を表現するには重要な事項で、CADの操作以前に線の使用方法を見につけておかないと、JWキャドの設定を行なうにも、操作性や業務のスピードアップにつながりません。

壁の通り芯を描く線は薄い一点鎖線で、断面を描く線は太い実線で描くなど、図面の基本事項と共に、 作業を円滑に進めるために、線ごとに色を変え、尚且つレイヤー分けしておくと修正がスムーズになります。

線の種類はツールバーの「設定」から「基本設定」の中にある「線種」(下図)で設定します。

この画面において、実線や一点鎖線、点線の種類や線のピッチも決めることが出来ます。

文字の色も同様に、ツールバーの「設定」から「基本設定」の中にある「色・画面」(下図)で設定できます。

「基本設定」で設定した線の色や種類を作図の際に使用する場合は、ツールバーの「線属性」を表示し、そこで行ないます。(下図)

この線属性は、公共建築物などで国が指定するSXF対応の拡張線色・線種(下図)に切り替えることも出来ますが、 実際の業務では使用することはありませんので、どちらの形式で書き込んでいるかは確認するようにしましょう。

線の設定は共通性を必要とします。環境設定ファイルに書き込むことも出来ますので、データの交換をする際には、 データ交換用の線種のみを設定した環境設定ファイルを用意しておくと良いでしょう。

カテゴリー:JWキャド゙の設定

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



線種設定:関連記事

色設定
JWキャドの色の設定は「赤」「緑」「青」の三色の組み合わせの割合によって決めることが出来ます。 色...

バックアップファイル
JWキャドでは設定によって自動的にバックアップファイルを作成できます。 バックアップファイルはその...

ショートカット
ショートカットキーを作業に取り入れることは、効率的な作業を行なううえで必要不可欠です。 JWキャド...

用紙設定
JWキャドは書き込む前に縮尺を設定しますので、出力時にどの大きさの用紙を利用するかはあらかじめ決め...

寸法設定
CADで図面を書く際の便利な点として寸法の記入があげられますが、使用前に設定しておくことが必要です...

レイヤー設定
JWキャドには16のグループとそれぞれの中に16のレイヤーが存在します。このグループとレイヤーの使...

基本設定
JWキャドの初期設定は必要最低限の設定でしかありませんので、作業を行なううえで必要な設定は自ら競っ...