データ形式:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


データ形式

JWキャドのデータ形式はJWキャド独自のjwwという拡張子がついたものです。

このデータ形式は公開されていますので、他のCADがこの形式を読み込めるようにしてある場合もありますが、 バージョンアップと共にこの形式も変わりつつあります。したがって、ファイル共有の際に相手が古いバージョンを使用しているのであれば、旧バージョンで保存しなくては開けない場合があります。

図形を登録してある場合は、配置の操作性を重視した一般のjwwファイル形式ではなくjwcやjwkというデータ形式をとっています。これは、DOS形式に対応した形式で、共有を考えた機能です。

この他にも共有ようファイル形式としてDXFでも保存可能です。 しかし、DXF形式では通常の操作としてはレイヤーの線種や色などが変わるなどトラブルも多いため、 データ交換を行いDXF形式のデータへの書き込みを行なう際には、一度jww形式に戻してから操作したほうが良いでしょう。

メニューバーの「ファイル」→「ファイル操作」では複数のデータの書き換えが可能です。 データ交換を行なった場合には相手のCADには無い情報は無視されて保存され、再度書き換えを行なったときにも その情報は復元しません。

データの交換の際には万全の状態で無い場合があるということを認識した上で最大限の注意を払いましょう。

カテゴリー:キャドソフトの特徴

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



データ形式:関連記事

外部変形
JWキャドの上手な使い方として、外部変形を使う事があります。 インターネット上には、変形や加工など...

画面構成
画面構成の設定はメニューバーの「設定」→「環境設定」の中にある「色・画面」で設定できます。 背景の...

レイヤー・グループ
JWキャドには「0?9、A?F」の16グループがあり、その中には「0?9、A?F」の16レイヤーが...

マウスコントロール
JWキャドに限らずCADを操作する際にはマウスの使い方・マウス操作は非常に重要ですが、使うCADが...

フリーソフト
JWキャドの特徴といえばフリーソフトということで誰でもダウンロード可能だということです。 ダウンロ...

ツールバー
作業に必要なツールを選択するためのツールバーを選択することが出来ます。 JWキャドのツールバーは他...

ダウンロード
JWキャドの使い方を覚えるのにも、まずはダウンロードしなければ始まりませんので、下記よりダウンロー...

スナップ
JWキャドの使い方で、図面を描く際に線の端を正確にとりたい場合や、線の中心から新しい線を引きたい場...

コマンド
JWキャドの使い方として、図面を描くにはまずは線を引くなどの操作を命令させなければなりません。その...

クロックメニュー
JWキャドの操作性が優れているといわれる所以は、ショートカットキーの軽快さだけでなく、マウスで操作...