面積計算:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


面積計算

敷地の図面は座標をとって作成した場合は形は不整形ですので、面積を測ることは困難です。

JWキャドの測定コマンドで面積測定を行うことはできますが、建築確認申請の確認を受ける際には敷地面積算定の基礎となる図面も提出しなくてはいけませんので、敷地内で三角形を制作し、その面積を測定する必要があります。

一つ一つ作成した三角形の底辺の長さと、垂直高さを測定して、計算しても面積を算出することも可能ですが、 非常に手間がかかりますね。多くの人がこのように考え、三角形の面積を計算する外部変形がJWキャドには常設されています。

メニューバーの「その他」から「外部変形」を実行すると「三斜面計算」という外部変形がJWキャドのプログラムの中にあります。 この三斜面計算を実行する前には計算したい図形を三角形に分けておく必要があります。 図形が閉じていなかったり、全ての三角形が独立していなければ計算がうまく行われませんので注意しましょう。

三斜面計算を実行した後は、図形全体を選択します。複数の三角形を選択した場合はその合計が計算できます。 後は、コントロールバー内で、小数点の設定などを行い、「Enter」で実行していくと三角形の計算をした表がそのまま書き込まれます。

選択した図形には表と連動した番号や辺の長さも表記されますので、後はきれいに配置するだけで良いのです。 非常に簡単に計算と、表が作成できますので、この機能はすばやく使用できるようにしておくと良いでしょう。

カテゴリー:外部変形

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



面積計算:関連記事

引き出し線
建築図面の中でいたるところに必要になってくるのが引き出し線です。複雑な図面の仕様の説明や、詳細図の...

連続複写
JWキャドで図形を複写する機能は複写コマンドで使用できますが、図形の連続複写は一定方向の連続複写し...


JWキャドでは円や楕円は作成できますが、雲マークは作成することが出来ません。 雲マークはデータのチ...

はんこ箱
はんこ箱は、よく使用する文字などは登録してハンコを押すように簡単に使いたいと考えて、出来た外部変形...