アーキトレンド:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


アーキトレンド

ARCHITREND Z(アーキトレンド ゼット)は、日本の企業の福井コンピュータ社が開発・販売を行っている建築専用のCADソフトです。他のCADのようにドラフターや製図台の代わりという目的ではなく、コンピューターを使用した設計業務の効率性を追求したCADです。

設計の種類は主に住宅で、入力操作を行なうと立体データが自動生成され、建築構造計算や建築確認申請に必要な建築基準法やその他関連法令のチェックを行なってくれ、極端に言うと建築の知識が無くても住宅設計が可能となります。一つのファイルより、データが共有できますので、統一性のある住宅も自動で作成してくれます。

郊外で用地開発を行なう建設業者や、ハウスメーカーに多く取り入れられ、その作業の円滑性に一役買っています。

しかしながら、このような機能を持つソフトが故に、他のCADの中でも一番高価でソフトのセキュリティーも確固です。 住宅に特化しているが故に集合住宅や他の設計業務には不向きですので、住宅設計を専門にしているか、他のCADを併用しているところが多いです。

このような設計方法が可能になったのは、日本の住宅工法が一定の基準を迎えたことにあり、住宅の需要も未だ衰えないが所以です。 しかし、このように設計士要らずの設計には異論を唱える建築士も多く、不動産業界に震撼を与えています。

カテゴリー:CADの種類

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



アーキトレンド:関連記事

CADWell
CADWellは株式会社ダイテックが設備設計用に開発したソフトです。 設備設計に特化している特徴と...

DRA-CAD
DRA-CAD(ドラキャド)は、株式会社建築ピボットが開発したCADソフトウェアで国内の建築設計の...

VectorWorks (ベクターワークス)
VectorWorks (ベクターワークス) は汎用 CAD ソフトウェアのひとつです。 開発元は...

AutoCAD (オートキャド)
AutoCAD (オートキャド)は、建築設計や土木設計で広く使われているCADで市販のCADの中で...

JWキャド
JWキャドはjw_software_clubがドラフター・製図板の延長としての汎用CADを目指して...