DRA-CAD:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


DRA-CAD

DRA-CAD(ドラキャド)は、株式会社建築ピボットが開発したCADソフトウェアで国内の建築設計の分野で20年もの歴史があります。

いち早くCADを取り入れた建築構造設計には昔から使われていましたが、現在では建築設計の業界の主流がAutoCADとJWキャドに変わってしまったことをうけて、ユーザーは非常に少なくなっています。

他CADファイルがダイレクトに読み書き出来るなどの特性もあり、操作性は十分充実しており 国内最初のCADということもあって最初に2次元の図面を3次元化したのもこのDRA-CADです。しかし、3次元ツールも標準装備されるようになった今では、求人や、市場でもなかなか聞かないのではないでしょうか。

ソフトのセキュリティーが確固ですので、一台20万円近いソフトをパソコン台数分購入しなくては使用できず、 コピー商品が出回らないのも残念ながらユーザーが広まらない原因ともなっています。

開発元の株式会社建築ピボットでは、現在でもバージョンアップを続けており、 内容的には建築確認申請に必要な情報をチェックできるような機能があったりと福井コンピュータ社が発売している アーキトレンドに近い商品へと変貌しつつあり、更なるユーザーの確立を目指しています。

しかし、株式会社建築ピボットでは現在、構造計算ソフトの開発に入れるようになりました。

カテゴリー:CADの種類

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



DRA-CAD:関連記事

CADWell
CADWellは株式会社ダイテックが設備設計用に開発したソフトです。 設備設計に特化している特徴と...

アーキトレンド
ARCHITREND Z(アーキトレンド ゼット)は、日本の企業の福井コンピュータ社が開発・販売を...

VectorWorks (ベクターワークス)
VectorWorks (ベクターワークス) は汎用 CAD ソフトウェアのひとつです。 開発元は...

AutoCAD (オートキャド)
AutoCAD (オートキャド)は、建築設計や土木設計で広く使われているCADで市販のCADの中で...

JWキャド
JWキャドはjw_software_clubがドラフター・製図板の延長としての汎用CADを目指して...