機械設計:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


機械設計

元々、CADは機械設計での需要によって開発されたものです。

機械の設計には自動車、飛行機、電車や家電などの全体構成から部品の設計、さらにはパソコンの製造もCADなしでは出来ません。 機械の設計は0.1mmという非常に細かい数値にまで気を使わなくてはなりませんので、この製図ソフトが導入されたことは機械技術を飛躍的に発展させました。

機械設計に特徴的なことは、昔は手書きで設計を行なっている時期もありましたが、現在では完全にCAD設計に変わっていることです。 CADがさらなる技術の発展を生み、その発展は手書きでの設計が不可能なところまで発展したのです。

建築分野やデザイン分野では、まだ、多少なりとも手書きにより設計が行なわれているにもかかわらず、機械設計のCAD使用率は100%です。 イギリスで起こった産業革命を見てもわかるように、このような機械技術の向上はいつの時代も経済を潤わせます。

機械設計は工場などの機械製造する際の一つ一つの部品を設計するだけでなく、CADで描いた図面を機械に読み込ませ、 作図したものをそのまま製造できる技術もあり、ものづくりの世界が木材や鉄、プラスチックなど材料の種類を問わず高品質の製品が製造されるようになりました。

個別の機械に対応させるためにCADも進化を向かえ、一般の汎用ソフトではなく、自社開発のソフトを使用するところも少なくありません。 時代が進むにつれて、その種類は非常に多岐にわたるようにもなりました。自社開発ソフトの場合、オペレーティングも独特ですので、初心者のオペレーターも行ないやすく、他社では対応できませんが、CADオペレーターの仕事としては豊富な求人が得られます。

カテゴリー:CADの活用の場

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



機械設計:関連記事

デザイン
CADは設計の世界だけでなく、様々なデザインの現場でも利用されています。例えば、洋服の型紙やTシャ...

設備設計
建築を建設する際には水道や電気の設備は必要不可欠ですが、建築意匠設計で使うJWキャド以外にも、この...

建築設計
建築設計で利用されるCADは主にJWキャドというフリーソフトが一般的です。建築の設計で主に意匠設計...