設備設計:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


設備設計

建築を建設する際には水道や電気の設備は必要不可欠ですが、建築意匠設計で使うJWキャド以外にも、このような設備設計分野に特化した別のCADソフトがあります。

水道設備に必要な配管や、装置、電気回路、電気設備などの記号が標準登録されており、それらの配置やルート計画をしやすくしたもので、 建築設計に使われるCADが元となり、専門分野により特化した機能を追加した形式をとっています。大規模な建築に使われることが多く、建築設計者の描いた図面を元に設計を行ないますので、建築設計とのデータ交換は必須で、 建築CADと互換性を理解しての業務が必要となります。

より専門的な分野になりますが、内容を理解して入力業務を行なうとなるまでには時間がかかりますが、 CADの操作は非常に簡単になっていますので、入力業務は比較的楽に行なえます。

このように設備設計にCADが取り入れられるようになったのも建築業界にCADが使用されるようになってからのことで、その相互作用として発展しました。

大手設備会社などでは、設備開発だけでなく設備設計用のCADも開発しているところがあり、 そのような場所の子会社では、使用CADが限られるなど、CAD利用を全体で見たときには汎用性が低い分野でもあります。

中小企業では現場に出る人間を雇うことが多く、CAD業務と兼用でき無い上に操作性としては楽なことから、CADオペレーターの求人が多い分野でもあります。

カテゴリー:CADの活用の場

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



設備設計:関連記事

機械設計
元々、CADは機械設計での需要によって開発されたものです。 機械の設計には自動車、飛行機、電車や家...

デザイン
CADは設計の世界だけでなく、様々なデザインの現場でも利用されています。例えば、洋服の型紙やTシャ...

建築設計
建築設計で利用されるCADは主にJWキャドというフリーソフトが一般的です。建築の設計で主に意匠設計...