建築設計:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


建築設計

建築設計で利用されるCADは主にJWキャドというフリーソフトが一般的です。建築の設計で主に意匠設計を行なうときや、施工する際に描く施工図作成などに使われます。フリーソフトですのでソフト使用のハードルが無く、データ交換を頻繁に行なう建築業務には最適です。

データの交換も建築設計で使われる他のCADとも比較的互換性もありますが、ソフトの違うCAD同士でデータ交換を頻繁に行なっていると、 書き込み内容が壊れてしまうなどのトラブルが発生しますので、極力避けるようにした方が好ましいでしょう。

建築設計では小さな住宅設計には、近年まで手書きで図面を製作していた人も多く、まだ完全にCAD化しているとは言えません。 しかし、設計者を志す若い人には100%CAD使用経験が問われる状況にありますので、 CAD利用の操作性などまだ業務間には多少の問題を抱えていますが、まだまだ発展の余地のある分野です。2次元CADが主流ですが、3次元の需要も非常に増えるなど更なる進化を求められています。

建築設計の図面にはいろいろな法則があり、知らなくてはいけない専門知識も多いので、 CADの操作ができるだけでは、なかなか業務が勤まらない分野です。

逆に言うと、専門知識さえあればCADの操作の違いはあれど、考え方が一緒なので操作の幅は広がります。 一人で何種類のCADも操作できるという人が多いのも、建築設計ならではの特徴と言えるでしょう。

カテゴリー:CADの活用の場

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



建築設計:関連記事

機械設計
元々、CADは機械設計での需要によって開発されたものです。 機械の設計には自動車、飛行機、電車や家...

デザイン
CADは設計の世界だけでなく、様々なデザインの現場でも利用されています。例えば、洋服の型紙やTシャ...

設備設計
建築を建設する際には水道や電気の設備は必要不可欠ですが、建築意匠設計で使うJWキャド以外にも、この...