CADオペレーター:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


CADオペレーター

CADを使用できるのは一部の人ですので、パソコン教室などに通い操作を学んだ人をCADオペレーターとして雇う場合もあります。

この場合、CADオペレーターはCADの操作をする人でありますので、主な仕事はデータの打ち込みが主流となります。 CADオペレーターとして仕事をする際には、即戦力として求められることが多いので、就業には実務経験が問われることが多く、 CADの知識を持ち合わせていたとしても、なかなか業務に付けない人も多いようです。

JWキャドの場合も同様で、その利用の仕方の幅が広く、業種や企業によって扱い方も違いますので、どのような状況にも対応できる順応性が必要です。 パソコン教室では必要最小限の技術しか教えてくれませんから、基本操作が出来るようになってからは、 自分で向上心をもってスピードアップなど使用の効率性は日々追求していかなくてはなりません。

もちろんCADオペレーターが活躍できる専門分野には、その専門分野についての知識を持って、尚且つCADを利用できる人が居ますので、 そのよな人にも負けないような技術とその専門分野への知識も必要なのです。

専門分野の知識が無いと的確な操作が行なえませんので、CADオペレーターといえども、それだけ使えればいいというわけではないのです。

カテゴリー:CADの基本

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



CADオペレーター:関連記事

自分なりの環境設定を
パソコンを使用して仕事をする場合、マウスの設定や画面の設定など操作環境は自分なりの快適な環境に設定...

手書きとの違い
手書き図面が主流だった時代から、CAD利用が主流にと完全に変わったといえるでしょう。 もちろんCA...

道具としてのCAD
CAD(キャド)は図面を描くための道具ですが、図面を描くだけでしたら、もちろん昔ながらの手書きの方...

CADとは
CADとは Computer Aided Design(コンピューター・アイデア・デザイン)の略で...