道具としてのCAD:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


道具としてのCAD

CAD(キャド)は図面を描くための道具ですが、図面を描くだけでしたら、もちろん昔ながらの手書きの方法もあるわけです。

手書き図面に修練を積んだ人は、手書きだからといって決して汚くも遅くもありません。 では、なぜCADを使うのか?それはこの修練を積んだ手書きの図面を超えるためなのです。

CADを利用すると一見誰でもきれいな図面が描けますが、実は中身の無いお絵かきのような状態で、図面としての内容を満たしきれていない場合があります。

CADを学び始めた頃は、面倒な手書き図面から逃れるためだけに行なう人も少なくないでしょう。 このように手書き図面に慣れていない人が図面描いたとしても、図面を描く手順や効率的な方法は手書きもCADも変わらないため、実はなかなかスピードが上がりません。。

CADはあくまで道具ですので、こちらが指示を出して操作しなくてはなりませんのでスピードを上げようと考えるのであれば、自分の操作にかかってくるのです。 効率的な図面の描き方がまず頭の中に無いと、CADも操作できないのです。これはCADが道具である上での欠点と言えるでしょう。

そして、仕事の業務にも100%といっていいほど取り入れられるようになってからは、道具としてのCADの利点が失われている場合もあります。 また、もともとCADは図面を書く道具として開発されていますので、初期設定は必要最小限の設定でしかありません。 手書きよりも早く描ける道具として、ある程度修練を積まなくてはなりません。これはオートキャドでもJWキャドでも、どれも同じです。

カテゴリー:CADの基本

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



道具としてのCAD:関連記事

自分なりの環境設定を
パソコンを使用して仕事をする場合、マウスの設定や画面の設定など操作環境は自分なりの快適な環境に設定...

手書きとの違い
手書き図面が主流だった時代から、CAD利用が主流にと完全に変わったといえるでしょう。 もちろんCA...

CADオペレーター
CADを使用できるのは一部の人ですので、パソコン教室などに通い操作を学んだ人をCADオペレーターと...

CADとは
CADとは Computer Aided Design(コンピューター・アイデア・デザイン)の略で...