CADとは:JWキャドの使い方


<

JW-CADを学べる講座を探してみる!


CADとは

CADとは Computer Aided Design(コンピューター・アイデア・デザイン)の略で、コンピュータの支援による設計をさしています。

最初は機械設計の分野から発展していきましたが、現在では、機械設計、建築設計、土木設計、設備設計、アパレルなど各種設計業界に広く使われるようになりました。

コンピューターの画面上に数値を入力して図形を描いたり、マウスを使って図形を描いていきます。 図形をコピーをしたり、回転させたりと操作の種類の幅は非常に広く、CADを使用するにも専門的な知識が必要になってくるので、 CADを利用できる人は専門的な人が多いです。逆に、このような専門分野では、CAD利用が一般的になってますので、 ワードやエクセルなどが使えると同じようにCADが使えることが前提条件になっている場合もあります。

CADのソフトも豊富で各分野に特化したソフトを使用しています。全ての操作の考え方はほぼ同じですが、操作に方法が異なりますので、どの、CADソフトが使えるかということも重要になります。

今までは2次元の図面を操作してきたCADですが、最近ではもっぱら3次元の図形を描くことも増えてきました。 3次元専用のソフトがある中で、CADが発展してきたのは、例え、3次元の図形が見たくても、その図面を製作するにはまずは2次元から取り組むことがあげられます。

2次元空間には特化したCADですから、その図面に、高さや、奥行きを与えて、3次元化が進みました。 今では、CADが出来る人には3次元作成のスキルも当然のように必要とされています。JWキャドを扱う分野でも、今後こうした3Dでの技術を持ったCADオペレーターさんなどは重宝されるでしょう。

カテゴリー:CADの基本

もし、参考にならないようでしたら、下記のマニュアルもご参考下さい。

詳しい操作方法を学ぶなら、上記の本のうち、特に「はじめて学ぶJwcad」が参考になると思います。


JW-CADを学べる講座を探してみる!



CADとは:関連記事

自分なりの環境設定を
パソコンを使用して仕事をする場合、マウスの設定や画面の設定など操作環境は自分なりの快適な環境に設定...

手書きとの違い
手書き図面が主流だった時代から、CAD利用が主流にと完全に変わったといえるでしょう。 もちろんCA...

CADオペレーター
CADを使用できるのは一部の人ですので、パソコン教室などに通い操作を学んだ人をCADオペレーターと...

道具としてのCAD
CAD(キャド)は図面を描くための道具ですが、図面を描くだけでしたら、もちろん昔ながらの手書きの方...